dj_top

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

ユイコ

Author:ユイコ
■京都・主婦■
■山羊座・B型■

このブログをリンクに追加する

名前:
メール:
件名:
本文:

なにということはない。毎日ということでもない。 ただ単にぶつぶつとつぶやいているだけ。
http://yuicolle.blog57.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2007.04.08(Sun) 06:19
5日に姉と京都劇場に行った。
この日曜(8日)に千秋楽を迎える
クレイジー・フォー・ユーを観るために。

千秋楽の前にもう一度行きたいと思ったのと、
荒川務さんのボビーももう一度見ておきたい
と思ったのもあって、
姉の都合が良いという5日の昼公演のチケットを
ちょっと前に取っておいた。

何も事前に確認せずに行ったら、
たまたまバックステージツアーという、
四季の会の会員イベントの日だった。

 

more




劇場に行ってロビーに入ると、
私のことをよく覚えていてくださってる
係のおネエさんがその日も対応してくだって、
(5年前にオペラ座の怪人京都公演を
初めて見たときから対応してくださってる)
「今日バックステージツアー、参加なさいますか
と聞いて下さった。

こういうイベントに参加するときは、
私は車椅子なので、
私自身の移動できる状態を伝えて対応してもらうので、
いつも数日前に参加する旨連絡を入れている。

よく参加するリハーサル見学会は
どの演目でもだいたいやり方は同じなので、
私も参加しやすいから結構行くんだけど、
バックステージツアーは演目や劇場によって
階段移動が多かったりする場合があるし、
それも頑張ればかなり階段移動できるんだけど、
私自身、頑張った分、後がやっぱりしんどいので、
「これは是非絶対行きたいというのでなければ
諦めて参加しないでいたりする‥。

前に一度だけ参加させてもらったバックステージツアーは
美女と野獣のときだった。
それも前もって、その係のおネエさんに
バックステージツアーがどんな風にされるのか、
私の状態で参加してご迷惑をかけないか‥
などなど細かく聞かせてもらっての参加だった。

5日はその日当日だったし、
参加してもいいのかどうか不安だったけど、
私がどの程度歩けるか‥を
よく知ってくださってるその係のおネエさんが
「●●さん(私の名前)のお歩きになれる程度でしたら
全然大丈夫だと思いますよ。」と言ってくださり、
内容の時間配分とか、階段が何段移動するかとか、
細かく教えてくださって、
「ご検討いただいて休憩時間にでもお声かけてください。」
と言ってくださった。

姉にその話をすると、終演後の時間は大丈夫で、
姉も是非参加したいとのことで、
舞台上を見せてもらうときの階段は手すりが無いけど
姉の腕につかまってあがれるので、
参加させてもらうことにした。

本番の舞台もやっぱりすごく良かった
荒川さんのボビーと、樋口さんのポリーは
ちょっと久しぶりだった。
荒川さんのボビー、やっぱり最高
優しい台詞回しと喋り声、それに表情がとーっても素敵
千秋楽には行けないけど、
5日は「今日やっぱり来て良かった~」と
姉と何度も話していた

終演後、一旦ロビーに出て、トイレに行ったりしてから、
もう一度客席に入った。

最初、出演者の方2名(石野さんと‥たぶん伊東さん)と
舞台監督(30代?ぐらいの女性でした)さんから
ステージや舞台装置のことを説明してもらった。
ビリー役の石野さんがロープを使ったダンスシーンの
パッツィーに引っ張られて袖にはける寸前で
ヘッドスライディングするのを、
舞台の真ん中で再現してくださった。
京都劇場は舞台袖と舞台奥行きが狭いので、
そのスライディングするときは、
物をどけたりして「スライディングするところ」を作って、
そこをオーバーしないように加減されてるらしい。
シーンが代わるときの舞台転換なども見せてくださった。

そして希望者から抽選で選ばれた人が、
楽屋のシーンの舞台装置に実際に座らせてもらって、
舞台袖から音楽に合わせて出てくるのをさせてもらっていた。

それから全員参加の舞台上の見学(バックステージツアー)は
参加者が半分の人数に分けられて、
前半の人が舞台上を見てる間は、
後半の人は客席で、舞台監督さんから、
小道具の説明をしてもらった。
ランクが壊すホテルの看板を、
実際にみんな少しずつ配ってもらって割ってみたり、
ボビーとザングラーのシーンで食べるパンには
ちゃんとソーセージが挟まってるのを見せてもらったりとか、
あと、その同じシーンで飲んでるお酒は、
リプトン紅茶の冷めたやつだそうで、
参加者のひとりが飲ませてもらっていた
ちなみに、2幕最初にザングラーさんが飲むお酒は、
麦茶が使われてるとか。
色の違いを出したいから違うものを使ってるらしい。

前半の人が舞台見学が終わって、
後半だった私たちと交代した。
舞台の上や袖では、それぞれスタッフの方達が
待機してくれていて、こちらの質問とかに答えてくれた。
ランクのお店の鳩時計を、目の前で
スタッフさんが壊してみせてくれたりした
(間違ってピストルで撃っちゃうシーンね)

姉と私で面白い物を見つけた‥
それは‥舞台袖の壁に「ボビー髭予備」と書かれて、
小さいビニールのポケットに
お髭がたくさん入っていたのを見つけたこと

それから、小道具のツルハシや、ロープを切るために
ボビーがもつオノとかも持たせてもらったりした
(この日荒川さんが持ってたヤツ。キャー(笑))

最後にザングラー劇場の入口を通り抜けさせてもらい、
バックステージツアーは終わった。

ちょっと長く立っていたので
少し疲れてしまったけど、
とっても良い経験をさせてもらえた
こんなチャンスじゃなかったら
絶対見られなかったモノだし、
知ることが出来なかった事柄だった

そして、他の演目のバックステージツアーも
行ってみたいな‥と思った

6月の「壁抜け男」もやってくれないかなぁ

スタンプを集めてもらったマグカップ
CFYマグカップ

スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 
Category:劇団四季 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

こんな楽しみ方もあるんやなぁ~!(*⌒∇⌒*)
舞台の内容を覚える程見てるユイコさんやし、余計にこういうのも
面白いんやろうなぁ~♪それに、それを見た後は、また舞台を見るのが
楽しくなるんやろうね♪(*'-^*)-☆

長くたっててお疲れさん!m( _ _ )m

NAME:チイ | 2007.04.09(月) 19:06 | URL | [Edit]

 

チイちゃん~
コメントありがとさん~v-411e-343

裏話をおはなしすると(笑)、
こういうイベントをしやはるときって、
チケットの売れ行きが悪いときやねんv-392
だからよく売れてる演目では
あまりイベントをやらないわけv-389。。
クレイジー・フォー・ユー京都公演は
結構苦戦してた模様ですv-393‥。

ファンとしてはイベントしてもらえると楽しいし
嬉しい‥でもチケットが売れてないから
公演期間の延長はあまりされない‥と、
複雑なのでしたーv-388。。。

NAME:ユイコ | 2007.04.10(火) 09:11 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 徒然草@単なるつぶやき, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。