FC2ブログ
dj_top

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

ユイコ

Author:ユイコ
■京都・主婦■
■山羊座・B型■

このブログをリンクに追加する

名前:
メール:
件名:
本文:

なにということはない。毎日ということでもない。 ただ単にぶつぶつとつぶやいているだけ。
http://yuicolle.blog57.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.11.16(Tue) 23:15
2日目はドガ展を見るために横浜美術館へ。

横浜美術館はランドマークタワーのすぐ側にありながら、
近代的な街・みなとみらいとは思えないほど、
静かで落ち着いた風景の中にあって“秋”がとっても似合う美術館です。
101116g

 

more




名画「エトワール」には、
やっと会えた…という気持ちでした

ドガはパリオペラ座のバレリーナ達を
描いたことで有名な画家ですが、
その中でも一番有名な傑作がエトワールです。

20代のころ、雑誌の名画特集で見て、
この一瞬の動きを描いた絵に衝撃を受けて、
「いつか実物を見てみたい」と思いながら、
「パリのオルセー美術館そんなとこ行けるわけないし
まぁ、夢に思っとこう」と思ってたら…

…幸せにも去年行くことができて、
絶対エトワールを見ようと思ってたら…
残念にも美術館には…その絵はお留守で…
そのときのショックと言ったら…
せっかくの旅行だし、落ち込んだら
一緒に来てくれたケイタや夫に申し訳ないし…と思って(笑)、
気持ちを切り替えて、明るく平気な顔してたけど、
本当に本当にすっごいショックで。。。

それが、まぁ、たった1年で夢が叶って、
本当に嬉しかった。。。

神様ありがとう。生きてて良かった…


その20代の頃に見たときは、
バレリーナの動きや衣装に魅了されて絵が好きになって、
そして十数年後に四季の「オペラ座の怪人」を見て、
クリスティーヌの楽屋のシーンで、
下手でバレリーナ達が練習をする場面が、
「ドガの絵みたい…」と思って見ていたのでした。

そしてまた数年後、
ドガのあの絵がパリオペラ座のバレリーナの絵だったと知って、
一気に好きなものが繋がって私の中だけで感激していたのでした(笑)。


ドガが描いた時期の、パリのバレエは、
バレエの拠点がフランスからロシアに変わって、
パリでのバレエは衰退していた時期だったようです。
よって、パリのバレエは地位の低い人が生活のために付く職業であり、
いかにお金持ちのパトロンを見つけるかが、
バレリーナ達にとって重要なことだったそうです。
名画エトワールの中には、舞台袖で、
バレリーナを見守るパトロンらしき男性の姿も描かれています。

ドガのエトワール

そんな不遇な時代でも、健気に舞い懸命に生きた、
名もなきバレリーナ達を美しく描きつづけたドガだったのでした。

その後は芸術性を評価されパリのバレエも地位が上ったようです。


実際に見ることができた、名画エトワールは、
思ってたより小ぶりな大きさの絵でした。
でも、バレリーナが飛び出してきそうなくらいの、
躍動感があり、チュチュのチュールレースが繊細で可愛く、
舞台はキラキラと煌びやかでもあり…
まさしくこの絵の中でバレリーナは生き続けてる…
その印象をとてもダイレクトに感じ取ることができました。

目の病気を持ちながらも描き続けたドガに、
「この絵を後世に残してくれて本当にありがとう…」
と言いたい気持ちです。

可愛いグッズも売られていて、いっぱい買ってしまいました
101116m


これは、すごく久しぶりに会った知人にもらった、
小川軒のレイズンウィッチです。
とーっても美味しかったデス
101116l
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 徒然草@単なるつぶやき, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。